オーシャンズの試合を見て

昨日は、仕事と車の手続きを早急に終えて、前半の途中からですが、オーシャンズVS大分の試合のライブ中継を見ました。

あくまで個人的な見解だし、アジア王者になるほどのチームなんで、僕の想像をはるかに上回ることを狙っていたとは思うけど、というつもりで書いてます。

 

オーシャンズは、簡単に縦の選手に当てて、後ろの選手が前線へ抜けて行くという攻め方が多かったと思う。

森岡選手、サカイ選手、始め多くの選手がキープ力が高く、安心して抜けていける。

だから、多少プレスのラインが高くても、簡単に相手コートへ押し込める。

相手のプレスにはまる事なく、ボールを前線へ運ぶ事ができるというのはゲームを進める上で、非常に大事な事。

ただ、もっと大事なのは点をとるということ。

そして、失点しないということ。

 

昨日の試合、不用意にボールを奪われ、失点するというパターンが多すぎる。

また、相手を崩して点を取るというパターンも少なく感じた。

ポゼッションの高さは一目瞭然。

点につながらなかったとしても、崩したという印象を感じた人は少なかったと思う。

 

僕が監督なら、もっと森岡選手やサカイ選手に前を向かすような攻め方をさせる。

ほぼ全員と言っていいほど、突破力・フィジカルコンタクトの強さに長けている。

彼らに単独のドリブル突破をしてほしいというわけではないが、単独のドリブル突破からも点を取れる能力があるからこそ、彼らよりゴールの近くにいる選手が活きる。

たった3年間だけど、フィクソをやってきて、やっぱり突破力のある選手へは、かなりカバーを意識する。

自分のマークへのパスコースを他の選手を使って防ぎ、なるべく縦へ突破させたところを狙う。

つまり、突破力のある選手を抑えることに、少なくとも2人は必要になる。

もっと細かく言うと、突破できないとわかるとパスを選択するから、そこから、ピヴォ当て対角線へのパスコースを防ぐために、全員が細かいポジショニングを気にしなければならない。

体力があるうちは、声も出せるし、多少遅れても速く動く事で対処ができる。

でも、パスのリズムを上げたり、相手の体力が落ちてきたら、対応は間違いなく低下する。

 

ボールをサイドの選手につなぎ、前線へ抜けるというやり方は、エルポソのやり方が僕の中では理想です。

以前、村松が掲載しましたが、もの凄く参考になります。

後ろを向いてボールを受けるという選手はほぼいません。

いつもパスコースがゴール方向にあるので、OFがそんなに速く走らなくても、裏を取られる危険性からDFはけっこうな速さ・量を走ります。

前線へ抜けていくタイミングをずらしたり、同時に抜けたりするので、受け渡しも難しいです。

2枚が抜ければ、1人は必ずついていかなければならない。

これを行う事によって、前線でのDFが得意な人を後ろへ、カバー・指示を担っている選手を前線へずらすことができる。

昨日のオーシャンズも大分も、その入れ替わりでDFにずれがあった。

得意・不得意があるし、やはり声を出し合うという事を続けるというのは難しい。

そこを見逃さないようにすること、そういった場面をより多く演出することがもっと増えないといけない気がするな。

 

大阪に負けた時よりは良かったけど、改善されていたかというと、そうは感じなかった。

あれだけ強いチームでも負ける。

負けるとうことが、今もすごく怖いです。

今まで積み上げてきた物が、全部、崩れてしまった感じがして。

まるで意味がなかったような気がして。

 

今日は、元チームメイトの本渡さんと手塚とトレーニング後に牡蠣BBQです。

オフシーズンなんで、ウエイトトレーニングをします。

最後に定番のバイクで追い込みます。昨年は本渡さんはよだれを垂らしながらやってました。

今日も楽しみだ。

筋肉痛、最高!

 

 

広告

「今さら!」と言われるかもだけど

最近、すごくハマっている歌です。

 

CMで流れているので、みんな知っているとは思いますが、ものすごくハマって、やっと誰が歌っているのかを突き止めました。

 

ミスチルばっかり聞いている村松君は知らないんじゃないかな?

 

すごくいい歌。

 

http://www.youtube.com/watch?v=lMrNEbhBtlY

 

歌詞付きです。

元チームメイトへ

返信、遅くなってごめん!

凄いって思ってくれること、一緒に出来た事を誇りに思ってくれる事、すごくうれしいよ。

きっと、元チームメイトの言葉のおかげで、長い期間がんばってこれたと思う。

大学時代、子供にサッカーを教えるとき、あの言葉は使わせてもらいました。

「努力の才能」

今では長友選手の情熱大陸などで有名になりましたが、僕が言われたのは高校時代。

 

本当に大事な才能だと確信しているよ。

 

自分の中では、誰が書いてくれたのかわかっているつもりだったけど、全く違う人だったらどうしよう。

勘違いしてたら、すいません。

区切り

今日をもって、3年間お世話になったGANGを退団します。
そして、プレーヤーとしての活動も今日までです。

ゆうき、ごめんな!

全国に行けなかったら、続けるという友人との約束はあったけど、自分との約束だから。

自分自身のプレースタイルから、27歳か28歳でやめるということ。
子供のために、やめるということ。
ひろみのためにやめるということ。

自分のフットサルが家族の犠牲の上に成り立ってるなんて、僕にはできないです。

仮に続けて、子供の事でフットサルに影響がでたり、フットサルが出来なかった時、「この子がいなければ」なんて少しでも思ってしまう自分がいそうで、こわい。
そんな最低な奴になりたくない。

正直、今でも少し考えてしまう時がある。
本当に最低です。

しっかり自分に区切りをつけさせないと、不安なんです。

メンタル的な事を言う時が多いけど、自分自身が一番弱い。
とにかく臆病で、心配性で、自分では何もできない。
Fへも挑戦を考えましたが、親の反対にびびってやめました。
産まれてくる子供のために、もっとしっかりしないと。

ただ、フットサルに対する想いは今も今後も冷めないと思う。またフットサルに打ち込める環境を作り上げ、勝ちたいって気持ちを強く持てたら、やりたいです。
どんだけ能力が低下しても。

今まで応援してくれた方、一緒にプレーしてくれた方、支えてくれた家族、大きな怪我もなくついてきてくれた身体、いろんな方のおかげで、最高のフットサルができました。

本当にフットサルが大好きです。
プレーしてるときは最高です!
先日、ジュビロカップに出場した際に、犬飼力さんから「なんでそんなに楽しそうにフットサルするのに、やめるんだよ」と言われた時、本当にフットサルが好きなんだなと確信しました。
だから、中途半端にフットサルをやるわけにいかないんです。
バカだと思われるかもしれないけど、バカだから三重まで通えた。
3年間で約9万キロメートル車は走りました。
車も故障なく、頑張ってくれました。

フットサルをプレーしている時だけがフットサルじゃない。
フットサルを考える時はもちろん、フットサルの為に仕事を頑張ることも、いろいろなものすべてを含めて、僕のフットサル。

フットサルがいろんな面で成長させてくれた。フットサルとしっかり向かい合い、取り組んでこれたのは修也さんのおかげです。

本当に感謝してる。

全国という舞台で修也さんと戦いたかったなぁ!

東海リーグも10チームとなり、レベルはますます高くなると思います。自分のチームにこだわりを持つ前に、東海リーグのトップチームで練習するっていう事の大事さも若い子達には挑戦してほしいな。

今後、フットサルに関することはあまり書けなくなってしまうけど、ブログは続けていこうと思っています。

前回の更新から今日までの間、書きたい事はいっぱいありましたが、一番に書かなくちゃいけないことを後回しには出来なかったので、かなり休んでしまいました。

今後も、たまに見て、コメントなんかもらえたら嬉しいです。

子供の出産予定は3/30なんで、写真付きで報告します!

ありがとうございました。

無い・ない・失(な)い

後悔は無い。

「愛知じゃ無理」と思って、三重に飛び出した。

もったいない。

今まで積み上げたものに、次を積み上げないのは。

失(な)い

「愛知じゃ無理」と思った、愛知に負けることに、プライドを失い。

 

2年前、サムライに勝つ事により、手にした全国。

自分の選択は間違ってなかったと自負していた。

今でも間違ってなかったと思っている。

ただ、今期に懸けた熱はそれを上回るものだった。

 

今期は練習メニューを担当させてもらって、皆がそれについてきてくれた。

8月には2時間の練習のうち、1時間近く走り込みに使い、皆の「楽しい」というフットサルを奪ったときもあったと思う。

自分自身、「これが正しいのか?」と自問自答しながら、不安になりながら取り組んできた。

雄一君とは1時間近く言い合いにもなった。

そんな時でも、森さんや本渡さんに支えてもらい、ギャングに適したものを取り組んできた。

口うるさく、細かい指示に、チームメイトも耳を傾けてくれた。

 

自分の感覚では、「一筋縄では抑えられないチーム」を創ることができたと思っていた。

「こうすれば抑えられる」「ここだけが危険」なんて単純なチームではないものが出来た。

仕事・怪我から復帰したメンバーが揃ってからは、公式戦ではほとんど負けてなかった。

「今年こそは」って感覚に陥っていたのかも。

結局、足下をすくわれて、敗戦。

ROBOGATO戦、指示ミスで先制点を許し、カウンターでの失点を積み重ね、こんなはずじゃなかったと悪夢のような負け。

受け入れることができないものに、昨日は眠る事ができなかった。

ユニアオvsオーシャンサテで偉そうな事を言っておいて、自分ができていなかった。

今日も、失点のシーンが何度もよぎって、「なんでもっとあの時」って繰り返し。

応援にきた友人、先輩、翌日にくるはずだった友達、そして家族にあわす顔がない。

応援にきてくれた友人の中には、高校のサッカー部時代のキャプテンにチームメイトもいた。

「お前には努力の才能がある」

今でも僕の支えとなっている言葉。

それがあるとは思うわないけど、そういってくれたチームメイトに嘘を言わせないように、必死で取り組んできた。

必死にならず、横道にそれたこともあった。

でも結局、真剣になれた。

そんな真剣になれたものに出会わせてくれた村松には感謝している。

夢を叶えてもらえたギャングにも。

経験することのできない「準優勝」を味合わせてくれた三重県選抜。

フットサルを教えてくれた修也さんにサントス。

応援してくれる人の為に勝つ事の重要性を教えてくれた、サントスの社長にママさん。

チームメイトに信頼してもらうためにはって、見本を示してくれたキヨさん。

 

なくしたものを考えたけど、はるかに得たものの方が多いんだなと今は感じてる。

職場にも、理解を示してくれ、応援にきてくれた上司もできた。

フットサルが自分の人生を、素晴らしくかけがえのないものにしてくれた。

 

自分にとってはすべてが輝いて見えるフットサルライフを送る事ができた。

ここからまた新たなスタートが始まる。

 

分岐点(ターニングポイント)

些細な分岐点に気付く人もいれば、重要な分岐点に気付かない人もいる。

今、確実に自分は分岐点に立っている。

行き着く先を見通し、この選択が最前だったと思える選択したい。

最前だったといえる結果にできるような行動がしたい。

したいんじゃなくて、する。

 

高校入試の時も、大学入試の時も、就職試験の時も、全て自分の望みを叶えてきた。

全国にいったギャングへの移籍も。

 

次も叶えてみせるよ。

叶えるからこそ、夢の重要性を周りから教えてもらえたから。

 

結びの言葉が思い浮かばないです。

まだ結ぶには早いのかな?

 

今はここまでかな。

おやすみ。