2016.8.14

今日はForce:No.10の池山家で多くの仲間と集まり、BBQなどで盛り上がり、多くを語った。

ここにはそういった出来事を書く気はないけど、「期待してます」といった話もあったことと、新たな場所で挑戦をした選手と、新たな場所での挑戦を考えている選手と話すことがあったことから、少しでも自分の経験や考え方が参考になればいいなと思い、書きます。

プロ、アマチュア問わず、いろいろな事情があり今のチームに属していると思う。自身が望んで新たな場所で挑戦したり、要望があり挑戦を決意したと思う。

他力ではなく、【自分で決めた】ことに従い、今の場所や今後の場所を決める。

僕がgangに移籍したのは、サントス時代の監督:修也さんにアドバイスをもらった事が大きなきっかけとなりいろいろな事を考えた。布生さんとも僅かばかりではあったけど一緒にプレーしたこと。サントスが自分が成長する環境下でなくなったこと。チームメイトが快く送り出してくれたこと。

ただ、決めた理由は【gangに移籍し選手権に出場する】という明確な目標があった。布生さん、御宿さんなどのおかげで入団出来た。生活費とフットサルに係る費用は大きくマイナス。支えてくれた今の奥さん。結果を出さなければ【意味がない】と何度も自分に言い聞かせ、チーム活動を含め週6で身体を動かした。

移籍して【自分が目指していたこと、やりたいプレー】という理想からは、大きく離れていると自分では思った役割をチームから与えられた。

その事で「らしくない・・・」と批判を受けた事もあった。

でも、どのような理由があっても最終的には【自分で決めたこと】で最低限、チームに与えられた役割を果たさなければならないことを一番に考えた。

ROBOGATOに移籍した時も同様に、自身が望むことと期待されていることにズレが生じ、役割を果たせないことから苦しい時期もあった。でも、事情があったにせよ【自分が決めたこと】。

苦しい時期はチームが悪い訳ではなく、【自分に能力が無い】だけ。

僕が最も大事にしたことは【自分が決めたこと】を自分で【あの決断は間違いだった】としないことだった。

うまくいくことより、【思い通りにいかないこと】の方が多い。だから、【夢中になれる価値がある】

今、この一瞬しかない。このチームを変えられるのは、更に向上出来るのは自分しかいない。

【大胆な決断】が【強い責任感】を生み、【継続する力=努力、成功の秘訣=考えることの重要性】の大切さを知り、【努力の才能】を開花させる。

背が高い、足が速いなどの先天性とも思われる才能ではなく、誰もが持ちつつもなかなか発揮できない才能。

あくまで持論であり、誰でも当てはまるかは不明。でも、それを継続してきた結果が、今の三重県での自分の状況を作り上げたと思う。

【挑戦した選手:自身の決断は間違っていなかった、少なくとも、それに向け最大限の努力をしていたと誰かに言われて欲しい】

【挑戦する選手:自分が求めていたものがなかった、与えられなかった。それが今、自分に最も必要で重要ことと捉え、尽力して欲しい】

言い聞かせてほしい、「俺はこんなもんじゃない!」と・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中