2016.3.29

U-23選抜フットサル大会のビデオがうまく編集が出来ず、ここで紹介したいと思い、慣れないパソコンと悪戦苦闘しているけど、やはりうまく編集ができない。

パソコンが使用出来ない指導者なんて・・・と言われそうですが、これも必ず取得しすぐに選手へ還元出来る能力を身につけて行きたいと思います。

結果が出なかったにも関わらず、引き続きU-23の監督をやらせてもらえることが決まった。三重県には本当に感謝しかない。

また選抜のトップチームに関しても監督を行わせてもらえることとなった。

前年度の監督は好成績を残しているので、それに恥じないよう取り組んで行きたいと思います。

監督が変わることをきっかけに三重県は世代交代を時期に突入すると思われる。

自分が選手として選抜に関わってから毎年選抜の中核を担う選手の顔ぶれは一緒であり、フィクソに関しては大きな穴が空いたままです。

自分自身、フィクソは本業ではないがそれでも東海では戦ってこれた自信があり、それまで三重県のフィクソを言えば【森 重則】という重要な柱がなくなってしまった。

僕が監督を行う上で最も重要視しているポジションはフィクソのため、世代交代の最優先で最重要なことはフィクソの育成。

相手チームの前線の起点を守り、偉大なるカバーなどの守備面。

ゲームの流れや味方選手のコントロール、組み立てなどの攻撃面。

ただ単純に後ろに残っているだけではなく、前線へ抜けることでバランスを保つことができるフィクソ。時には大胆な仕掛けもできる。

チームが苦しい時に点に絡める、点が取れる。

GANGでも三重県選抜でも、苦しい時にチームを救ってきたのはフィクソだと思っている。

もちろんスーパーな選手に大部分を助けられているのは事実。

これは自身の経験談になってしまうけど、フィクソを経験すると相手がよく見えるようになる。

抜けるべきタイミングやスペースが分かりやすくなる。あくまで経験談だから、全員に当てはまるかは別だけど・・・

選抜に関してはまたしても期間が短く、選手に全てを伝えることは困難であるが、まずは三重県代表であることのプライドを持って参加してほしい。

2016.3.20

監督専任として初めての大会は情けない結果で幕を閉じる事になってしまった。

一勝一分一敗で予選敗退

自分ではもっと出来るはず!という思いではあったけど、まだまだ。

当然と言えば当然かもしれないけど、期待をしてくれていた人には申し訳ない結果になった…

選手達は本当に良くやってくれた。

自分の拙い説明にも関わらず、良い反応を示してくれた。

強いて言い訳をするとしたら、もう少し時間が欲しかった。でも、その環境下で結果を残す責任があったけど、それが果たせなかったのが自分の力量。

今から書く内容を参加したどれ程の選手が見てくれるかは不明で、どの選手が受け取ってくれるかは分からないけど、今回の経験と次に綴る言葉で更に成長を願いたい。
県リーグのチームを否定する訳ではないが、地域Levelへ挑戦し、少なくとも東海と名前が付くカテゴリーへ挑戦し戦ってほしい。

関東、関西に東海は劣るけど、東海で戦えなければ全国では厳しい…

出場機会を求めるのではなく、地域に触れて欲しい。まだチームに拘る程の年齢ではない。

今回でU-23を卒業する選挙は3人。

もう一度チャンスが与えて貰えるなら、自分のフットサルに触れた選手が多くなる可能性がある来年もチャンスを貰いたい。

そして通年でトレーニングを行って行きたい。