2012.9.28

記事を見ていると、カズのフットサル代表入りはプラス要因ばかり。

やはりカリスマ!

先日書いたことは、考え方を改めないといかないかな・・・(^^;)

 

地道なリハビリのおかげで、足首は順調に回復しています。

おじいちゃん・おばあちゃんに混ざってのリハビリは正直もう嫌です。

でも、正しい体の使い方・動かし方は覚えないと、足首に関しては「折れるよ!」と言われているので、長期離脱をするわけにはいかないので、通い続けていこう!

 

昨日は久々に練習に参加しました。

ボール回しだけ参加するつもりだったけど、ランニングやステップを行っていくうちに、やれそうな気がしたのでゲームに参加させてもらった。

 

まだまだ本気ではやれないし、体が本調子ではないけど、10月14日には間に合いそう。

次節は大和撫子。

プライア、オーシャンサテに勝利して調子を上げているし、昨年は引き分けた相手なので今季はなんとしてでも勝ちたいと思います。

なんたってホームのゆめドーム開催!

たぶん、きっと、多くの方が見に来てくれると思うので、なんとしてでも勝ちたいと思います!

応援、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

昨日の練習試合の相手は元ギャングの人もいる【喉仏】さんでした。(すごいチーム名!)

点がなかなか取れない試合はよくあるので、多少は仕方ないけど、失点が多い試合は圧倒的に少ない方がいいのだから、そういった面から考慮すると昨日の試合はDFが良くなかった。

DFが良くなかったというよりは、ボールの取られ方が良くない。

カウンターからの失点は1点や2点くらいは仕方ないにしても、セットプレーの際にカバーを意識している選手がいなかったのは、問題あり。

【攻めながら守って、守りながら攻める】これは当たり前のこと。

カウンターに備えてカバーに入っておく、カウンターに備えて走る準備をしておく。

こういった当たり前のレベルの高さが、不安定な試合の数を減らしてくれると思うので、しっかり取り組んでいきたい。

勢いだけではなく、賢さやずる賢さもフットサルでは重要。

相手の虚を突くようなことができれば、試合は優位に進められる。・・・はず

 

日曜はファルコと練習試合なので、その辺も意識して取り組んでいこう!

広告

2012.9.25

理学療法士のすごさに脱帽です。

選抜の全国大会最終試合で相手選手と接触し、左足首を強く捻りました。

その時は激痛だったけど、しっかりアイシングと固定を行った結果、あまり痛みも残らなったけど、長い間痛みが取れない状況でプレーをしてきたので、一度、整形外科の先生に診てもらうことを勧められ、先週、受診しました。

どうやら、かなり前に内側くるぶし周辺を剥離骨折していたらしく、内側・外側の靭帯は伸びに伸びているらしい。

右足はあんまり感じなかったけど、左足の弱さは常に感じていた。

長くなったけど、そんな状況なんです!ってことを伝えたら、理学療法士の先生にいろいろな動作のテストを行った。

左足のバランスの悪さ・左足首の動かし方の悪さ・左ひざの弱さ・・・悪いところばっか。

先生に言われたとおりの動かし方を意識するだけで、痛みは取れた。

取れたというより、正しい動かし方だから痛みは発生しなかった。

ただ、この動かし方をずっと意識するのが難しい~足全体を意識するから、膝がおろそかになったり、足首が、親指が、という感じでスムーズに動かせない。

これができない状況では試合への出場はokが出せないらしい。

明日もリハビリだけど、痛くない範囲で動いていいということは言われたので、地味な動きで早期復活を目指します。

本当に地味・・・

2012.9.24

【こんなもんじゃない】!!!

アマチュア選手しかいないと言っても過言ではない日本のフットサル事情で、どっちがフットサルのためなのか・・・という問題だと思う。

「カズの日本代表入り」

小学校からあこがれの存在だし、42歳でも現役を続けている。

実際に見たことはないけど、フットサルの評価も高い。

メディアの注目を集めることで、多くの選手が企業からバックアップを受けるチャンスが・・・などカズへの期待やフットサルにとってプラスとなる要因もたくさんあると思う。

でも、それがW杯でなければいけないのかな?

カズの技術やモチベーションが低いってことはありえないと思うけど、W杯へ気持ちを高めていたFの選手はどうすればいいんだろ。

当然、今回のカズの代表入りで代表落ちした選手がいる。

カズが入ることで、気持ちが上がる選手もいれば、落ちる選手もいると思う。

それは、一緒にプレーすればわかると思う。

いくら生徒に人気のある高校教師でも、東大や京大で授業を行っても誰も耳をかさない。

伝えたいことと、聞きたい方の目的が不一致だから。

カズの代表への気持ちやカズと一緒に・・・という状況を選手に伝えたい・与えたいなら、別にスタッフだっていいわけだし。もし、それでは参加できないというなら、ベンチから外れた選手が試合に応援に来ないっていう、チームのモチベーションを下げるわがままな選手と一緒じゃないかな?

それに、僕らが何年もいろいろ見て、聞いて、何度も練習を繰り返してきたフットサルは、Jリーガーに簡単に習得できてしまうものなの?

やべっちFCで「サッカー日本代表vsFリーガー」などの試合をやってるけど、あれはFの選手が手を抜いていることは見れば誰もがわかる。

一度、関東のアシックスかなにかのイベントの終了後に、JvsFの本気の試合を行ったことがある。

これも聞いただけだけど、Fの選手のパス回しにまったくDFをすることができず、それを見ていた元サッカー日本代表選手が「これはどうやってボールを取るんだよ!」と言っていた。らしい

かつてレアルマドリードでプレーしたクロアチア代表選手のヤルニも、フットサルに転向して自身のスピードを活かすのに、4か月(早っ!)かかったって言ってた記事を見た。

僕らがいろんなものを我慢して、家族に応援してもらってるフットサルは【こんなもんじゃない】って思いたい。

確か今週から名古屋で合宿なんで、見に行けたら見たいな(^^)

2012.9.16

情けない結果に終わってしまった。

初戦、なかなか波に乗り切れなかったけど、終盤に逆転・・・したのに追いつかれる。

「何でもっとゲームをコントロールするコーチングが出来なかったんだ」という反省。

そんな気持ちを引きずったまま、大阪戦に臨んでしまったかもしれない。

簡単にセットプレーで先取点を許し、カウンターなどであっという間に3点差。

第2pkを連続で決めて、前半は2−3で折り返したけど、またしてもセットプレーから得点を許し、終わってみれば2−5と完敗です。

3試合目は、この時点で敗退が決定していたけど、一回くらい勝とうとみんなで挑んだけど、0−4の敗戦。

結果だけ見たら、本当に弱いチーム。

でも、見てくれればわかると思う。

大阪との試合は本当に楽しかった。

お互いフットサルで戦っているんだなって間隔で試合ができたと思う。

でも、初戦の長野と最終の鹿児島は・・・負けたチームが言えることじゃないけど、戦っていて楽しくない!

ゴレイロやフィクソから、とにかく投げる・蹴る。

組み立ても何もなく、ただただそれを繰り返す。

「こうしてきたから、こうする」「あれをやれば、こうなる」なんて半永久的に続く【イタチごっこ】みたいな駆け引きをするのが僕の中のフットサル。

カウンターを喰らわないように、後ろ3枚の前1枚の選手の配置からほとんど形を変えることなく、攻め続ける。

そんなチームに負けたのが悔しすぎる。

なにより、多くの方にバックアップを受けて北海道まで来させてもらっているのに、この結果で本当に申し訳なさすぎる。

今、言える事は初戦で自分が決定機に決めていればということだけ。

それで去年は良いスタートが切れた。

まだまだ自分に試合を決定付ける能力の乏しさを痛感させられた大会でした。

今はもう怪我を治す事に集中して、リーグ制覇に向けて切り替えていこうと思います。

今年も三重選抜で戦えてよかった。みんなありがとう!

2012.9.10

金曜のフットサルスクールには多くの方が参加してくれました。

同級生や先輩、同じ職場の人に教え子と予想を超える人数に焦りました(^^;)

数人ですが、フットサルを知っている子がいてくれたおかげで、スムーズにメニューを伝えられた部分がありましたが、まだまだフットサルの楽しさを伝えられるほどではなかったです・・・自分自身の不甲斐なさを痛感!

次回の開催は10月5日。

この日までに、また準備を始めていこうと思います。

 

土曜は、選抜の活動でした。

愛知のUNIAOさんと練習試合を行いました。

30分ランニングタイムで3本行ったのですが、やはり2本目までが実際の試合なので、2本目までの結果は2-3で負けてしまいました。

気負いからなのか、ゲームの組み立てに余裕がなく慌ただしいゲーム展開しかできず、結局最後までペースを掴めずに終わってしまった。

周りに気を使いすぎ自分のプレーができなかった。情けない・・・まあ個人的にコンディションも良くなかったから、切り替えて全国大会に臨みます。

 

日曜は交流練習試合。

参加チームは

・Force Futsal Ise(三重県)

・WING FUTSAL CLUB(愛知県)

・鷹の爪出て男(滋賀県)

・PENTA FC(兵庫県)

20分ランニングタイム 総当たりで行いました。

詳細結果は覚えていませんが、すべて勝ちました。

でも、完封での勝利はなく先制点を許す苦しい展開の試合もありました。

カウンターからの失点は、ある程度仕方ないとは思う。

ただ、ほんの少しに油断や、狙いを持たずなんとなくDFした結果の失点は本当にもったいない。

もう少し細かいところまで考えてプレーするということを浸透させたい。

けど、かなり口うるさくなってしまうので、それが弊害になることも考えられるから、すごく悩むな~

でも、はっきり言って、細かいことしかないような気がする!!

だから、「うるさい」と思われようと、言っていかないといけないと思う。

自分だから気づけることがあると思うし・・・でも、伝え方も勉強していこう。

伝わらなければ、意味がないから。

 

Force以外の対戦相手は疲労が原因だと思うけど、DFがあまり良くなかったから、しっかりボールを回しながら点を取ることができた。

狙い通りに崩せたシーンをたくさん作れたので、昨日はすごくおもしろかった(^^)

今日になって疲労を感じているけど、もっとやりたかったな~早く練習したい!

 

水曜までに疲れをしっかり取って、可能なら火曜に少し息を上げて練習を迎えたいな。

やっぱりフットサルは最高だ!