準決勝

昨日の続き。

前日の反省からの意思統一。

いい状態でフォース戦に臨む事ができた。

アップの時間帯に第1試合のボールボーイをやってくれたチームメイトのおかげで、アップからかなり強い気持ちが持てた。

手塚が「この試合は必勝だよ」って何回も言ってた気がする。

 

こんな事を言うと調子にのってると思われるかもしれないけど、予定通り自分たちのペースで試合を運べた。

ただ、欲を言うと点が欲しかった。

スコアレスのまま前半が終わった。

悪くない、ただ点が取れてないのは良くない。

後半に早い段階で点が欲しかった。

そのチャンスが自分に回ってきた。

迷う事なく振り抜いたら、信じられないほど、ボールが軽く蹴れた。

蹴った感覚がないほど、軽かった。

久々の感覚。

蹴った瞬間に入ったと思えるほど、あっという間にゴールへ。

いつもはうれしくなるのに、自分でも信じられなくて、なかなか喜べなかった。

 

その後、セットプレーから追加点。

更に追加点の絶好のチャンスを逃し、雄一君が超怒る。

 

そしたら、りょうたの強烈なボレーで1点差。

 

やばい雰囲気だったけど、雄一君が3点目を決めて、ホイッスル。

 

りょうたやじゅんやの悔しそうな顔。

じゅんやはベンチで泣いてたかな。

サントス時代に調子が良かったのに、県大会で敗退した事を思い出した。

1部昇格の可能性を残したリーグ戦を残し、1番の目標だった選手権敗退。

どう切り替えていいのかわからず、チーム状況も悪化するのではと思えた。

でも、実際は絶対に1部へ昇格しようと一つになれた。

フォースもしっかり切り替えて、絶対に1部へ昇格してほしい。

堀尾さんのブログみたいに上から目線って勘違いされたくないから言うけど、上から目線ではないです。

 

若い選手が多いチームだから、もっといろいろな事を吸収して、1部のレベルを経験すれば、きっと強いチームになると思う。

 

決勝はまた次回。

 

広告

三重県大会 予選

予選はNASPAと同じ組で予選最後の対戦相手だったので、2勝同士で対戦した場合を考えて、初戦から点をたくさん取るってことを重視して挑みました。

予定通り、大量得点で勝利を収め、いいイメージでNASPA戦に臨めると思いました。

ただ、具体的な対策なく臨んだ結果、完封負け。

相手に合わせたのか、不用意に前線からプレスをかけ、攻撃につながる守りが出来なかった。

9連覇するまでに「勝利」しかなかったチームに、昨年初めて「引き分け」という結果を残し、10連覇。

負けた事がなかったのに、「敗戦」という結果を・・・帰り道、夕飯中、風呂、最低なイメージしか浮かばなかった。

明日、負けたら「東海大会がなく、リーグ戦も自力優勝がない」

何を目標にフットサルをやればいいんだろう?

自分の目標を早々に失った事を想像したら、何より自分の考えを信じて練習メニューを任せてくれたチームメイトに合わす顔がない。

もちろん、1年や2年だけど、GANGとして一緒に戦った元チームメイトにも。

 

「このままじゃ、明日も負ける」

全員がそう思い、寒い中、みんなで準決勝にむけて思い・考えを統一した。

そして、自身のプレーを振り返った。

完全に足が止まってた。

他の選手に頼り過ぎてしまった。

自分の役目を果たそうとしてなかった。

良かったと思える点が見当たらないほど、最低なプレー。

心を整理した。

どうなってほしいのか?

その為には、何をしなければいけないのか?

 

苦しい時に【点を取る】

苦しい時に【みんなの変わりに走る】

苦しい時に【声を出す】

 

そのために、いつもアホみたいに一人で走ってきたんだから。

 

そう思って、土曜は寝ました。

11連覇

土日にPUMACUP三重県大会がありました。

総括はまた落ちついたら、書くことにして、とにかく歴史をつなぐ事ができてよかった。

準決勝での怪我が痛くて痛くて、「無理はしないでおこう」と思ったら、決勝への気持ちが若干弱くなってました。

でも、決勝前の森さんや雄一君たちの話を聞いて、決勝にかける気持ちの強さをものすごく感じた。

東海大会進出を決定して満足しているようじゃ、敗退したチームに申し訳ない。

上から見ていたフォースも納得できるような試合をしないととか、いろいろなことがこみ上げてきて、「絶対に勝つ」って強い気持ちを持てた。

11連覇って、本当にすごい。

僕自身は3連覇だけど、「勝たなくてはいけない」ってなかなか味わえないプレッシャー。

勝てて本当に良かった。

 

おちょこさん、コメントありがとうございます。

東海大会は影からじゃなく、応援席での声援を期待してます。

どんな事にも向上心を持って

今日は9:00から13:00まで練習だったのですが、仕事の為、11:00に帰りました。

今日の練習は選手権にむけての確認練習。

実際の試合では応用力を必要とするけど、その前の最低限の確認を行いました。

組織で動く場合、各場所、各場面ではそれぞれの判断に委ねる事になるわけだけど、その前に共通認識を揃えておく事が大事。

その認識が高ければ高いほど、広ければ広いほど、そして、それがしっかり皆が理解していること。

そうやって組織力は高まっていくと思う。

 

今日の仕事は、【防災訓練】。

僕が勤める半田市立半田病院では、今日の12:30分頃に東海地方で震度6の地震が発生したことを想定して、医師、看護士、医療技術員、事務員だいたい100人位?で訓練を行いました。

例年の訓練とは違い、本当にいきなり地震が起きた事を想定して、いつ招集の連絡が入るかもわからない状況でした。

呼び出しがかかり、病院へ行くと到着が遅かったのか、自分が行うべき業務を別の人が行っていて、なにをすればいいのかわからず、ただ立っている事しかできませんでした。

そしてそんな職員ばかりでした。

このままじゃ、なんの約にも立たない。

自分が情けなかった。

共通認識がないから、それぞれがバラバラに動き、一緒の空間にはいるけど連動性は全くない。

自衛隊の方や、消防の方に訓練の様子を見てもらい、最後に意見を頂いた。

「こういう訓練は何度も行った方がいい」

なんて言ってたけど、顔色は微妙。

「今回みたいな訓練を何回行ってもあまり意味ないですよね?」

と聞いたら、

「そのとおり」と言った。

 

今日の訓練は実際の災害を想定したら、全く無意味だけど、【無意味な訓練とならない為に】という事は、皆が学んだ。

やっぱり失敗から学ぶ事は多い。

今日が無意味となっても、明日はその無意味を活かしていく。

無意味〔0〕に回数を重ねても〔0×1〕、ゼロ。

無意味に知識などを足す事により、〔0〕が〔1〕へ、〔1〕が〔2〕へ。

その時、回数を重ねる時に、成長する。

 

フットサルに戻るけど、リーグ戦前期リーグは本当に辛かった。

勝てる試合を何度も落とし、不安になり、疑心暗鬼、自問自答。

 

でも、上位につける磐田、ROBOGATOに勝利。

苦しく、しんどい時を皆で乗り越えた。

それが結果として表れてきた。

 

共通認識を持つという事に、重要さを感じ、その上に応用力を重ねるということ。

今日の仕事から、その事が改めて大事なんだと学んだ。

向上心を常に持つ事の重要さも学んだ。

 

今週末、全日本選手権の三重県大会。

積み上げてきたもの、全部発揮し、11連覇を成し遂げ、東海大会へ。

今年は愛知開催。

なんとしてでも、東海へ。

そして全国へ。

ROBO戦

昨日はROBOGATO戦でした。

心拍数を上げる為のアップをやらせてもらっていて、疲れ過ぎず、アップ不足にならずを気をつけて取り組んだのですが、昨日は完全に失敗したかもです。

 

試合が始まって、前半終了まで運動量が上がらず、練習の成果があまり出なかった。

その前に、自分自身調子の悪さから自分の事で精一杯で、しっかり指示が出来ず、「何を狙えばいいのか」、「何を狙われているのか」という具体的な指示が全く出来なかった。

 

もっと落ち着きをもって試合に臨める事が出来れば、もっと簡単に試合を進めることが出来たのに。

 

たらればを述べている時点でかなり未熟。

 

ただ、勝てたってことは本当に大きいです。

昨日は手塚のおかげといってもいいほど、当たっていた。

頑張るって当たり前だけど、本当に頑張っていたから、活躍を見てて本当に嬉しかった。

ただ、好セーブをしたからといって相手選手に向けてガッツポーズは、下手したらイエローを出されるから注意してよ。

後、雄一君。

苦しいとき、本当に頼りになります。

洋平君の適応力というか、プレーのクオリティーの高さは圧巻でした。

堀さんの成長はチームにとってかなりのプラス要因。

徐々に進化している。

タカヲもまだまだ本調子にはほど遠いけど、少しずつ上がってきている。

 

後は4番だな。

昨日は3点目を取る活躍だけど、もっといろいろな事を覚えて、チームの舵取りをできる選手になってほしい。

声も出るし、ムードメイカーもこなし、みんなにはっきり言える性格ももってる。

今年は代表という大役をこなしながら大変だけど、こういう時こそ成長のチャンス。

大変というピンチを乗り越え、成長するチャンスと思って、頑張ってほしい。

次の磐田戦ではまた成長した姿で、白熱した試合を見せれるようチーム一丸となって取り組んで行こう。

2位のチームの試合結果で優勝が決められるのは、本当に悔しいから、【必勝】あるのみ。

ただ、前節より更に勝利が難しくなっている事は間違いないので、より強い気持ちをもって試合に臨みます。

 

でも、とりあえずこっからは選手権三重県大会に向けて、切り替えていきます。

10連覇を達成するまでに、一度も負けたことがないということを積み上げてきた歴代の選手のため、そして自分たち自身のプライドの為にも、プレーでも気持ちでも違いを見せれるよう、頑張ります。

頑張るより、しっかり結果を残します。

 

今日はしっかり休息をとって、また明日に繋げる為に早く寝ます。