不安と自信

題名に書いた事って、表裏一体。だと思いました。

思いましたではなく、ひしひしと感じています。

いろいろな取り組みを中心となって行動していると、当然、先の事もある程度予測したり、目標を考える。

もちろんポジティブな事を考えたいけど、ちゃんと現実というか、ネガティブな事も考えておかなければならない。

「本当にこの方向性は合っているのか?」なんて葛藤と戦っています。

とにかく、合っているって信じています。

自分を信じれない人間が、人に信じてもらえるとは思えないので。

Fリーガーと違って、毎日チーム練習が出来るわけではないし、練習時間もそんなに多くない。

せめて、同じ環境の地域リーグのチームに勝つには、充実した練習を行うしかない。

一石二鳥ってわけにはなかなかいかないけれど、やっぱりあきらめきれない。

勝つためにはなにをすべきかがわかっているなら、やはり労を惜しんでも取り組むべきだと思う。

改めて、監督、特にプレーイングマネージメントの過酷さに気付かされた。

いろんな難しい事を考えず、率直なというか、自由な方がいいに決まっている。

でも、自由って、好き勝手にやるってこととは違う。

「攻めは自由です」なんて言ってるチームの試合を見るけど、戦術を知っている人からすれば、「それは自由じゃなくて、ただ知識がないだけでしょ」と見える。

考え方次第だけど、いろんな戦術を知っていて、そこから自由にってのが、僕は自由って事だと思う。

正直、いろんな決め事があるけど、1番大事なのは「臨機応変」

「結局、自由かよ!」って感じかもしれませんが、臨機応変ってのは、いろんな知識があってというのが前提です。

この変化に対応することができるってことが、1番必要な技術と思ってます。

技術と書いたのは基本とは意味が違うから。

そういう面では、GANGはクオリティーの高い選手が集まっているなと、移籍当初に感じた事を、再確認しました。

吸収が早い選手が多い。

意識を高く取り組めば、今年はすごい気がする。

とにかく、あらゆる事を信じて邁進しよう!

広告

久々の

昨日、Pivoチャンの施設予選に出場しました。

準決勝で0-2にされ、敗退かと思ってしまいましたが、後半に気持ちを切り替えて臨んだら、逆転して、決勝も危なげなく勝ち、優勝しました。

チームに伝えたいことがあっても、うまく言葉にして伝えることが出来ず、特に「それを行うとどんな効果があるのか」っていう肝心な部分が表現が出来ない。

決して難しいプレーではないけど、そのプレーを行う理由や効果を理解していないと、威力が半減してしまうし、チーム全体が把握しないと意図が合わなかった時に、とても危険なパスになってしまう。

プレーで示すしかないと思い、頑張ったけど、伝えれたかな。

自分的には随所に見せれたかなと思ったけど。

いろいろ戦術にこだわる人間なのに、みんなが話しを聞いてくれることが本当にうれしい。

「なんでそんなことを」って思うようなプレーでも、意外な効果を発揮する。

でも、まずは「勝つ」ってことに執着したい。

いろんな戦術があるけど、まずは「勝ちたい」っていう1番大事な土台をチーム全員でしっかり作らないと、その上に何を積み上げても、すぐに崩れてしまう。

きっと自分たちに甘えが出た分、目標は遠のく。

とにかく、Pivoチャンの全国は3回目なんで、今回こそ決勝トーナメントに出場したいです。

優勝メッセージには「新体制になって、初めての全国なんで頑張ります。進化したGANGを見せます」と書いたので、実現できるよう頑張ります。

全国大会はGWに開催で結婚式の1週間前だけど、行けるのかな?

日程調節も頑張ろう。